返済の遅滞によって取り立てはあるか

キャッシング返済に遅滞したら取り立ては?

昔は、返済日にお金が用意できない人へ、心身ともにダメージを与えるような手法で返済を迫る取り立てが一般的に行われていたそうです。大手消費者金融の違法な取り立てが全国的に問題になったことをきっかけに、現在では脅迫めいた取り立てをする会社はほとんどありません。ただ、取り立て自体は法律で規制されているわけではないので、返済の要求は返済・または完済するまで電話や訪問・最終的には法的処置と手段を変えながらも続くものです。

バンクイックは請求の為に自宅や会社に行員が来ることはありません。返済日の遅延が連絡の取れた状態で数日遅れの場合は、数日分の遅延損害金が入金額から引かれます。ですが、連絡が取れない状態で数日間の遅れが続くと、直接請求する会社がアコムに変わります。バンクイックの保証会社は三菱東京UFJ銀行ではなく、アコム(消費者金融)です。バンクイックのローン規定第13条に保証会社への保証債務履行請求というのがあり、その詳細が明記されています。

バンクイックは返済にムリが生じないようにあらかじめ、最小返済額というものをごくわずかな金額に設定しています。また全国各地に返済可能なATMを設置し、利用に不便がないようになっています。返済に負担や遅延がないように配慮されているように思います。遅延せずに完済に向けて順調に返済していくことは、利用する人自身の今後の信用に関わる大事な要素です。近い将来の、住宅やマイカーローンなどの際に審査に響くようなことは避けたいですね。