カード盗難時の対処

クレジットカードの盗難時しておきたいこと

クレジットカードが見当たらない、または盗まれた財布にカードも入っている時などは、警察への連絡と共に、カード会社に紛失の届けもしなくてはなりません。自分では無くしたか落としたと思っていても、実際は盗難にあっている可能性もありますし、落としたカードを拾った者が悪用する場合もあります。また、実際にカードは紛失していないけれど、心当たりのない使用日や利用残高がある場合には、スキミングによる情報読み取りで被害に遭っているかもしれません。バンクイックカードのように専用のATMでしかカード利用していなくても、気が付かない何らかのタイミングでカード情報を盗まれることもあります。例えば、家宅・及び社内侵入による情報の窃盗などです。覚えのない借り入れなどに気が付いたらすぐに対処してください。また、カード会社の方でも、不信な利用をした履歴があった際には本人に確認の連絡をする場合があります。

まずは電話連絡で紛失した旨を報告してください。連絡先は利用支店などでに連絡するのではなく、専用のダイヤルにかけます。万が一、カードを不正利用されていたとしても規定の期間内であれば被害は補償されます。補償を受ける際には盗難届の証明書が必要なので、警察への届け出も忘れずに行ってください。連絡を入れた時点でカードの利用ができない様に設定されます。後に、カード再発行の手続きを行うアナウンスがありますので、それに従い手続きをし、新しいカードを受け取ってください。