借り入れ審査に通らなかった理由とは何か

借入審査に落ちた!?考えられる理由とは

すぐにお金が必要で、バンクイックに借り入れの申込みをしたのだけど審査が通るのか心配・・・。審査落ちする場合どういうことが考えられるのでしょうか。審査の基準や借入NGの理由はキャッシング会社に聞いたとしても教えてもらえない為、ある程度の情報を参考にご自分が当てはまるのかどうかをチェックしてみてください。

○申込みの際に記入した連絡先などの項目が間違えている場合。借入審査は個人の信用レベルを計るようなものですので、申込みした際の記入に不備があれば、例え故意ではなくてもNGになりやすいです。

○収入から返済能力が低いと判断された場合。借入上限は申込者の収入によって決まります。希望額が借入上限を上回るとNGとなります。

○他社の借り入れが既にあり、件数、借入額が多い場合、又は申込みの際にそれらを偽って申告した場合。借入件数や額が多くても、申込者の収入から返済能力があると判断され、過去の返済状況にも問題ない場合は通ります。しかし、収入と返済のバランスが悪い場合や、他社借入の事実を申告しなかった場合はNGとなるようです。

○就職・転職して間もない。勤続年数は個人の信用を計る上でかなり重要なようです。3カ月未満で低収入の場合、借り入れは難しいようです。

○過去の借り入れの支払い実績が良くない(滞納歴がある)。滞納歴といっても、悪質な場合はその情報がデータとして残りますが、延滞する場合に電話連絡などをして対応した場合は含まれないようです。

○属性でNGとされる場合。審査会社の持つ顧客データの統計で属性分類された際、貸付けNGの属性に当てはまってしまった場合は、過去に何の問題もなくても審査が通らない場合があるようです。

○多重申込みをした場合(申込みブラック)。ある一定期間(3日とも1週間とも言われる)に何社も同じように申込みした場合に、全てのクレジット会社で審査落ちするそうです。

上のケースは借入審査が通りにくい一般的な例です。バンクイックの場合、学生や主婦でも親権者や配偶者の安定した収入があれば、本人が職を持っている必要はありません。また総量規制も対象外なので、消費者金融の借り入れ総額が年収の1/3に到達していたとしても借りられる可能性があります。個人の持つ信用情報によっては通ったり通らなかったりするかもしれませんが、バンクイックは比較的審査が通りやすいと言われています。