バンクイックの本審査と仮審査の違い

バンクイック本審査と仮審査の違い

バンクイックでお金を借りるには契約までに仮審査と本審査というものがあり、どこが違うのか疑問の声がよくあがります。審査の大まかな流れを聞くことはできても、基準や内容は問い合わせても教えてもらうことはできません。ですので、なぜ審査が通らないかということは推測するしかないのですが、バンクイックは比較的審査が通りやすいという評判があります。その理由も開示されているわけではありませんが、今まで銀行ローンが通るはずもなかった年収の方や職業(学生や主婦など)の方も借り入れできる状況だから審査が通りやすいという評判になるのかと思います。

仮審査では申込み基準を満たしているかをまず判断されます。申し込みの際の記入に間違いがあったりした場合は、実際に基準を満たしている状況であっても審査落ちする場合があります。また、信用調査も行われます。申し込みした時点で他行の返済に遅滞が生じていたりしては問題がありますので、現時点で支払い忘れがないかも確認する必要がありますね。仮審査の回答が融資OKでしたら、次は本審査と契約です。本審査では仮審査で行ったことと提出した確認書類の照らし合わせなどの再確認と融資可能額の見直しなどが行われます。お金を借りる上で審査の回答待ちというのは避けられない待ち時間ですが、両審査とも所要時間は大変短いもので、最短40分で利用が可能になります。

仮審査で融資OKという回答だったのに本審査でNOの回答だった場合は、本審査の際に提出した書類などに間違いなどの問題があるか、本審査中に新たに別の借り入れをしたケースにあるようです。その点は注意されて本審査を受けてください。