バンクイックの返済法35日返済とは

バンクイックの35日返済とは

毎月支払いのあるもの、例えば公共料金やクレジットの支払いは、お給料が出る日の数日後などに合わせて支払い日を設定されているかと思います。クレジットカード決済を予定外にいつもより多めに利用してしまったりすると、引き落としの月は支払いがかさみ、現金が少なくて心細い時もあるかもしれません。

また、電気料金などは真夏にドンと使用量が上がったり、真冬にはガスや灯油代が上がったり、病気や怪我の通院で保険がおりるまでの借り払いをしなくてはならなかったり、想定外のこともあります。決まった日に毎月支払うお金や返済金を用意するのは当たり前のことですが、急な出費により1社分の返済額が少し足りないなんてこともあるかもしれません。そんな時に便利な支払方法がバンクイックの35日返済です。

バンクイックの支払い方法は口座引き落とし、指定日入金もありますが、契約時に35日返済をあらかじめ選択しておくのもよいでしょう。どれを選んでも個々の手数料などはかかりません。

35日ごとにATMを使って返済する方法ですが、35日ずつが原則というわけではなく、35日以内ならいつ返済しても良いというものです。きっかり35日ずつの間隔で返済していくのは、支払い利息をその分多く支払っていくことになってしまうので、なるべくなら毎月決まった日に入金していくのが望ましいです。しかし、他の支払いや返済がかさみそうな月はこの35日返済を活用して、収入などで余裕ができる日をターゲットに調整すると便利です。直近の返済日の翌日から数えて35日以内ですので、余裕のある月は大目に返済したり何回かに分けて返済することも可能です。